代打日記



 ‖ 最初に ‖  管理人 ‖  由無し事 ‖  ・呟き ‖  掲示板 ‖  恥専用掲示板 ‖   ‖  小さな幸せ ‖  メール ‖ 



代打日記 By桐生紘姫様


ピンポーン…ドンドンドンドン!

「あれっ? キリさんどうしたの!?」

「んー? 誕生日祝いに来たに決まってるじゃないか!  寒いんだから早く開けろよ」
「なんだか偉そうだ…いつもだけどさ。っていうかキリさん…  すごい太ってない? 俺の気のせいじゃないよね?」
「おぅ。ナマモノの肉襦袢つけてきたかr」
「ご主人様ぁっ! あついよぅ」
「おお! カヲルちゃん! 久し振りだねぃ」
「こんちくわー!」
「キリさんでしょ、こんな挨拶教えてんの」
「教えてない! カヲルが勝手に真似てるだけだYO!」
「ってか日本からカヲルちゃんぶら下げてきたの?  よく捕まんなかったね」
「うん。二・三人やっつけてきた★」
「ぇえー」
「つーのは冗談だけどもね、こっちに着いてからだよ。  寒くて寒くていかんね、こっちは。つーかさすが本場なのか  ハロウィンのアレが凄いね! えーと…」
「キリさんシモネタ禁止だから!」
「まだナニも言ってないじゃないか」
「長い付き合いなんだから言おうとしてる事くらい察せるよ;」
「ばれてたか」
「やっぱりかYO!」
「うん、じゃあ俺はこのまま少し観光して帰るけどさぁ、  カヲル置いてってあげるからHITOMIちゃんと遊ばせてやってよ。  最近実験続きで構ってやってないんだろ?」
「まぁ、そうなんだけど…キリさん一人で大丈夫なの?  地元ですら迷子になるクセに…」
「大丈夫だ! 知らないところは迷っても迷わなくても  道なんかわからないからNE★」
「あ、春樹さんいらっしゃってたんですね。こんにちh」
「聞けYO! ってもぅいいよ。じゃ、またな。」
「おぅ。」
「あ、そうだ、これ、ケーキ。腐ってないといいな。じゃ。」






コンテンツ
 ‖ 最初に ‖  管理人 ‖  由無し事 ‖  ・呟き ‖  掲示板 ‖  恥専用掲示板 ‖   ‖  小さな幸せ ‖  メール ‖  






SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO